にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

もう既にやる気ない

ありきたりなワーホリブログ

You must not speak Japanese here②

ピーナッツ型の坊主頭に太くて濃い眉毛、オオスズメバチの様な鼻、分厚い唇に中年体型。

すっかり老け込んでしまったユウタ君でしたが、6年振りの再会はとても嬉しかった事を昨日の事のように鮮明に覚えていますと言うと嘘になります。

誰だっけコイツ?
が僕の第一印象で、エビスと言うあだ名を付けられていた事が判明。

そんな感じで始まった中学校生活。
それと同時に、クラスではイケてるグループとイケてないグループに別れ始め、予定調和の如く僕はイケてないグループへ所属し、ユウタ君は更に下のもっとイケてないグループへ所属する事に。

また中学校からは部活動が始まり、当時【テニスの王子様】が流行っていまして、越前リョーマの様にテニスの王子様になりたかった厨二病の僕はテニス部へ。
同じく僕より末期な厨二病患者のユウタ君は、黄色い班長旗を振り回す事が好きだったと言う理由から剣道部へ。

そして更に、英語の授業が新たに始まりました。
今思えば、これが今までの人生の中で2番目の大問題で、まずローマ字が読めませんでした。
ローマ字が読めなければ、簡単な英単語も読めない。
ようやく読める様になってきても、英語の教科書が何を伝えたいのかが一切分からない。
その為、付いて行く事さえもできずに完全に置いてけぼりにされてしまいました。
もちろん僕より頭の悪いユウタ君も同じ。
しかし、それでも進む英語の授業と月日。


そんなある日の事、事件は起きました。

僕の中学校では、2週間に1度の頻度で外国人の先生が英語の授業を教えてくれるという日があったのですが、その授業で僕達に英語を教えてくれたニュージーランド出身、長身で金髪のイケメン先生、アントニー。

英語の授業中、彼は一体何を思ったのか?
突然片言の日本語でこう言いました。
「皆さん、生麦、生米、生卵、3回言えますか?」

更に更に、何を思ったのか?
その後、僕達生徒は1人ずつ「生麦、生米、生卵」を3回言わされる事となりました。

教壇に立っているアントニー目線で1番左側、1番手前の席の人からスタート。
普段なら名前の順で「あ」から始まる新井君からスタートで、僕の順番は3番目でしたが既に席替えをし終えた1年1組。
その為、僕の席は2の川の真ん中辺り。

ただ単に「生麦、生米、生卵」を3回言えば良いだけ。
簡単な事でしたが、失敗して皆の前で恥ずかしい思いをしたくなかった僕は、自分の番になるまで小声で「生麦、生米、生卵」と言っていたと思います。

僕目線で、1番右側の1番前の人から順番に何事もなくクリアしていくクラスメート。

そして僕の番が回ってきた。

「Stand up please」
アントニーに言われ席を立つ。

皆んなの前で生麦生米生卵を3回言わなければならない。
緊張しながらも、僕は静かに口を開く。

「生麦、生米、生卵、生麦、生米、生卵、生麦、生米、生卵」
何とかノーミスで3回言う事に成功。

その後も順調にクリアしていく皆。
そして3の川で、すっとぼけた顔をしているユウタ君の番が来た。

「Stand up please」
席を立ち、早口言葉に挑戦するユウタ君。

しかし
「生麦、なっ…」
失敗。

「生麦、生米、なま…」
失敗。

「生麦、生米、なままま…」
失敗。

「生麦、なまご…」
失敗。

「生麦、なみゃご…」
失敗。

「生麦、生米、なまちゃ…」
失敗。

なんと、何回挑戦してもユウタ君は「生麦、生米、生卵」が3回言えなかったのだ。


「Sit down please」
アントニーの一言で席に座ったユウタ君。



ユウタ君の両目からは大量の涙が溢れていて、それは英語の授業が終わった後も続いていた。

その日以来、ユウタ君は僕達の中で1番のいじられ役になってしまいました。


書ききれないので、続きはまた…
確かブログの時系列だと、まだ飛行機の中で全然進んでないですね。

何故ユウタ君が出てきたのかは良く分かりませんが、一つだけ言わせてもらうと
アントニー、もし今の時代「生麦、生米、生卵」を3回、生徒に1人ずつ言わせたとしたら、いくらイケメンでもPTAに訴えられますからね。


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

You must not speak Japanese here①

僕には人生の半分以上は同じ記憶を共有しているんじゃないだろうかと言った保育園からの幼馴染が3人いまして、その内の1人は小中高と高校までもが同じで、周りからもガチでゲイかな?
と、間違われるほどずっと一緒にいました。

高校を卒業した後は、お互い別々の道へと行きましたが、僕が地元から程近い場所で1人暮らしをしていると言った理由から週1ペースで僕の部屋には安くてすぐに酔える様なお酒の空容器が溜まり、月1のペースで僕のトイレを汚されていました。

しかし、お酒が飲める様になっても結局は子供のままで、最終的には任天堂64本体とコントローラー4つを中古で買い、出前のピザとコーラを頬張りながらマリカースマブラで朝方まで過ごし午後過ぎに目覚め、
「1日無駄にしたー!」
などと、皆で文句を言いながらも再びゲームをすると言った流れに落ち着きました。

そんな救いようの無い僕ら4人の中に、もっと救いようの無いユウタ君と言ったメッチャ頭の悪い奴がいるので、そのユウタ君について話します。



ユウタ君との出会いは、もちろん保育園からで、物心ついた頃から一緒にいた様な気がしますし、当時の写真を見直すと毎回僕の隣にはユウタ君。
また、母親同士仲が良かった事もあって、保育園だけではなく地元の夏祭りなんかにも一緒に行ったりしていました。

しかし卒園後、仲の良いユウタ君とは一旦別れて別々の小学校へ。

ミニ四駆、たまごっち、ビーダマン、ゾイドデジモンバトエン、FF、ドラクエビックリマンカード、遊戯王カード、ポケモンetc…

これらを一通り経験し6年後。
今から約17年も昔で、初期のモーニング娘が全盛期だった時代。
12才になった僕は1学年2クラス、僅か76名しかいない田舎の中学校に入学。

少し大きめの学ランと、少し高い自転車のサドル。
男女共同と言った理由から始まった男女混合の席順。

1年1組。
もちろん入学当初の席順は名前の順で「い」から始まる名字の僕は前から3番目。

僕らの担任についた白髪混じりで強面の小笠原先生。
「はい後ろにプリント回せー!」
の一言で、前の人から回ってきたプリントを後ろに回した時に「う」から始まる名字のユウタ君と6年振りの再会。


そして僕を見たユウタ君は、僕に一言だけ言った。



「よっ!」






6年と言った月日は余りにも残酷で、人4倍以上も老け込んでしまったユウタ君がいた。


続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

初めまして。


成田空港

つい数時間前、納豆2パックを食べた筈なのに、もう既に納豆ご飯を無償に食べたいと言った衝動に駆られているのは、僕の視界に写り込んでいる人々の頭部が、こんがり色付いた納豆の大豆1粒1粒に見えるからなのかもしれない。

3列シートの窓際席。
納豆ご飯の上に乗せる生卵の気分になりきって席に着く。
29年間生きてきて、納豆ご飯の上に乗ると言った経験は無いのだけれども、エアアジアのシートは納豆ご飯とは程遠い乗り心地だと言う事だけは言うまでもなかった。

「これじゃあ、よっぽど高級な卵じゃない限り、卵落とした瞬間に割れますね。」

とか、どうでも良い事を考えながら窓の外に目をやると、フライトには何の支障もない程の青空が広がっていた霜月の空。

何の支障はないと言っても、結局は運次第。
飛行機が墜落する時は墜落する。
その為の、数時間前納豆2パック行動。

離陸寸前、耳に当てているイヤホンを外す様にと添乗員さんに軽く叱られ、震えた両手でイヤホンを外す。

僕の左胸から微かに聞こえてくるドキドキ音は、これから始まろうとしている期待感や高揚感などのワクワクなどでは、ない。

それと同時に周りの人々の話し声に耳を傾けてみたのだが、当たり前の如く日本語以外何を言っているか分からなかった。

そして、今この瞬間もなお。


そんな事になる事とは知らず、飛行機は雲一つない秋空の中へと上昇していった。

西へと向けて。



初めまして。
じゅんと申します。

9年間働いていた会社を辞め、確か一昨年の5月から去年の5月まで1年間に渡り世界一周してました。

当時ブログ
http://ameblo.jp/jun-around-the-world/


で、ご飯、サービス、女子の可愛さ、その他諸々。
僕にとって日本がどの国よりも最高な国だと言う事を改めて実感。

しかし帰国後、何故かその日本で真面目に働くと言ったアイディアが一切思い浮かばず、再び海外へ。
ワーホリビザで働くと言った上手い口実で現実逃避。

29と言った年齢から、周りの友達からの視線はドライアイスよりも冷たく

「帰国したらどうするの?」

と、世界一周している間に良く言われていた言葉さえ、投げかけられる事も無くなってしまった。

勿論、よく見る空港での「行ってらっしゃい!気をつけて!出発前の写真撮ろうぜー!」
的な見送り系も無いままでの出国。

そんな友達の少ない僕が、暇を持て余して新たに作ったブログがこちら。

タイムログが5ヶ月以上もありますが、毎日ブログを書く事の大変さを知っているので、HUNTER✖︎HUNTERの作者さんを見習ってマイペースに更新する予定でいますが、よろしくお願いします。


タイトル通り「もう既にやる気ない」ですが、
強盗事件、交通事故、病気。
これらに巻き込まれない事を祈りまして。


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村