にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

もう既にやる気ない

ありきたりなワーホリブログ

初めましてオーストラリア

「じゃあ、また日本の何処かで会おうね!」
って、英語だとなんて言うんだろう?

と思いながら、深夜の夜道で皆とタクシーを待った。

頭の中で色々と英文を考えていたけれど、僕だけを乗せたタクシーが出発した時は、「See you again!!」の僅か3単語しか言えなかった。

タクシーに乗り込み、約15分でバギオのバスステーションへ到着してしまった。

3ヶ月も英語勉強に費やしたバギオ。
気候も穏やかで、治安も良く人々も親切でした。
また1つ戻りたい場所が増えたな。
なんて事を思いながら、僕を乗せたバスはフィリピンの首都マニラへと向かった。

マニラ空港に着いたのは、早朝6時頃
出発まで時間があったので、余ったフィリピン通貨で最後のジョリビーを食べた後に、今回もお世話になるエアアジアのカウンターへ。

そこで「今チェックインできますか?」
と、普通に英語で言えた事にビックリ。

中学校1年?か2年?
で習う様な簡単な表現ですが「バギオ⁉︎バギオ⁉︎」など、ただ行きたい目的地を連呼していた頃の自分にとっては上出来だった。

更には、全部ではないけれど、オペレーターの話している英語が聞き取れる様になっていたし、よく言われる(英語の訛り)とやらにも気付く事ができた。

それと同時に「先生達は、いかに綺麗な発音で簡単な英語を僕達生徒に対して、ゆっくりと喋ってくれていたんだ。」

と思ったら、居ても立っても居られなくなり、最後に先生達に感謝のメールを入れてから飛行機に乗った。

機内アナウンスからも流れてくる英語。
3ヶ月前は全く聞き取れなかった。
しかし、今は3割以上は聞き取れる。
ただ、気を抜くと1割しか聞き取れないです。

今すぐにでもバギオに戻りたい。
皆とグダグタの英語でコミュニケーションを取りたい。
松潤の嫁のクラスを受けたい。
お姉系先生のナイトクラスを受けたい。
自分の部屋からボケーっと外の景色を眺めたい。


そんな気持ちとは裏腹に、僕を乗せた飛行機は南へと離陸して行った。

どのくらいかは忘れましたが、飛行機は北半球を通り越し南半球のオーストラリア、シドニー空港へ到着。

ただ、シドニーに用の無い僕は早々に飛行機を乗り継ぐために国際線から国内線へと空港内を移動。

周りから聞こえてくる中国語、韓国語、そして久しぶりに聞く日本語に(池袋駅前のドン・キホーテ?)と思いながら、2度目の飛行機に乗って数時間。

オーストラリアのSAと呼ばれている地域のアデレードと言った都市に到着した。


皆と色々あったフィリピンでの3ヶ月。
その反動は余りにもでかすぎて、久しぶりのホームシックにかかったのがオーストラリア初日での出来事。

更に追い討ちをかけるように、ネイティブの話す英語が全く聞き取れなくて自信を失ったのもこの日の事。


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村