にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

もう既にやる気ない

ありきたりなワーホリブログ

イチゴを狩る事だけに1ヶ月を費やした夏


言葉が通じずに意思疎通が上手く図れないと言う事はとても不便な事です。

が、「じゅん!クラブ行くぞ!」

「アジア人が集まる所に行くぞ!」

と、誘ってくる韓国人ルームメイト2人の質問に対して

「クラブとかパリピばっかの所は勘弁ですわ。普通に日本のような居酒屋でしんみりと呑みたいんだけど。」

とは言わず、

「アイ ハブ ア ストマクエィック!」

と、言い慣れた適当な嘘を並べて相変わらず部屋に引きこもっている週末の夜。

もし、ルームメイト2人が韓国人ではなく日本人だったとしたら、上手く嘘をつけない僕はすぐに見破られるだろうなと思った。

「Take care!」

そう言って、ややお洒落な格好で部屋を出て行った韓国人2人。

およそ15畳と中々広めの部屋にベッド3台と微かに漂う韓国人がつけた香水の匂い。
そして僕。

絶好調なお腹にポテチを入れながらの更新です。




やって来たのは、アデレードから市バスで1時間程の場所にあるマウントベーカーと言った田舎町。
僕を入れた日本人5人と韓国人5人、計10人のシェアハウス。

「日本人ですか?」
と、約3ヶ月振りに喋る日本語にやや違和感を感じながらも始まったイチゴ生活。

海外初の仕事がイチゴ狩りとか、来世の僕ですらも想像していなかった事でしょう。

で、始まったイチゴ狩りですが、僅か1ヶ月で辞めました。

理由は、僕が住んでいたシェアハウス内での日本VS韓国。

キッチンやリビング、細かく言うと炊飯器や冷蔵庫のスペース、洗濯機、物干し竿、シャワールームなどの取り合い。

互いが互いに敵対意識を向けていて、後から入ってきた僕にとっては居心地が悪かったです。

なので、入って2週間で「2週間後に辞めます」とオーナーに言いました。
ちなみに、イチゴファームのオーナーも韓国人でした。


ただ、悪い点だけではなく良い点もありました。

1つ目は、やっぱり日本ではできない様な経験をした事だと思います。

稼げたら稼げたで良いですが、この歳になって僕がワーホリをする目的は、単なる経験。
日本でイチゴ狩りですらした事のない僕が、1日6時間〜8時間、炎天下の中イチゴを狩る。

三輪車の大人バージョンみたいな乗り物に乗りながら、低い位置に実っているイチゴめがけて両手を伸ばす。
思い返すだけで、腰痛になってしまうのですが、貴重な体験ができたなとは思っています。

2つ目の良かった点は、他国の人達との絡みです。
そこのイチゴファームには、日本人の他にも韓国、台湾、タイ、マレーシアの人達がいて、その人達との【ボスにバレたらOUT腐ったイチゴ合戦】は2020年の東京オリンピック種目になるんじゃないのかな?
って言うくらい地味に白熱しました。

また、シェアハウス内では絶対に話しかけてこない韓国人達が、ファーム内だと普通に話しかけてきてくれたのは嬉しかったです。
無駄なプライドは捨てれば良いのにとは思いましたけど。

3つ目は、イチゴが好きになれた事です。
正直、イチゴは嫌いな部類に入る食べ物でした。
アポロやシェイクなどのイチゴ味は好きですが、フワフワの甘いショートケーキと合わさっている、固くて酸っぱいイチゴは苦手で毎回残していました。

しかし、イチゴ食べ放題のイチゴファームで毎日イチゴを狩って食べているうちに、イチゴの事が好きになり、今度ショートケーキを食べる機会があったら、スポンジとクリームの部分を残してイチゴだけを食べようと思いました。

そんな訳で艶やかなイチゴの写真でも載せようと思ったのですが、残念な事にイチゴどころかファーム生活の写真ですら1枚も撮っていません。

なので今回は、スーパーで半額になっていたポテチの写真のみ。
あまりの適当さに投稿主もビックリです。


と言った具合で、1ヶ月間のイチゴファームを経験しました。

稼げるか稼げないかで言ったら稼げません。
人にもよると思いますが、約20分毎に休憩してはイチゴを食べていた僕は1日に80〜100ドル(7,000〜8,700円)が限界でした。
ただ、先程も言った様に稼ぐ事が目的ではないので、マイナスにならなければ良いやと言ったぬるい考えで働いていました。
なので、本気で頑張れば稼げるかもしれません。

実際、トップピッカーと言って1番イチゴを取る人は1日に200〜250ドル(17,500〜26,000円)は稼いでいました。

もし、この記事を読んで「200〜300ドル⁉︎ 本気で頑張ればイチゴ稼げそう!俺もオーストラリアでワーホリしよっかな!」
と思った方、

よっぽどのイチゴ好きじゃない限り、イチゴはお勧めしません。


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村